睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは?

illust3睡眠中は気道をとりまく筋肉が弛緩しており、吸気の陰圧により気道が狭くなりがちです。

さらに肥満により気道の圧迫が進むと睡眠中気道が閉鎖し呼吸ができなくなってしまう閉塞性睡眠時無呼吸症候群が、近年増加しています、肥満がなくても下顎が相対的に小さい方、扁桃やアデノイドが大きい子供は睡眠時無呼吸になりやすい傾向があります。

 

安らかな眠りについていても無呼吸により血中酸素濃度が下がりそのたびに半覚醒して大きな呼吸をしいられる、こうした睡眠では真に体は休まりません。

また周期的な低酸素状態は心臓、全身にも影響し、高血圧、脳や心血管障害のリスクを高めます。

いくら眠っても昼間眠たく、ぼーとして注意力がなくなり,うつ傾向にもなりやすい。こういう睡眠時無呼吸症候群をみつけるために 当院では在宅での簡易無呼吸検査(PSG)を行っています。

治療は?

中等度の無呼吸が見られる方には口腔内装置を睡眠時に装着し下顎を前方移動し気道を少し広げるようにします。重症の無呼吸の方にはCPAPという装置を入眠時鼻につけ吸気時に陽圧をかけ狭くなった気道を広げ呼吸を補助する治療を行います。

肥満が原因の場合は生活習慣をみなおし、減量のための長期の減量マラソンをサポートします。

アデノイド、扁桃肥大が原因の場合はアデノイド、扁桃摘出術が著効です。気道がせまい方には鼻や軟口蓋の手術適応もチェックします。

睡眠障害は全身疾患に影響するだけでなく、交通事故、産業災害をひきおこす原因でもありますので、社会的にも無呼吸の管理が問われています。



  • 再診の方はお電話で予約できます!|予約専用電話 受付:7:00~18:00 TEL:0586-51-5466

  • ページ上部へ戻る